知らないと損する!水素水ボトルで水素濃度が変わる?

モデルさんや女優さんの間で大流行の水素水ですが、容器によって水素の濃度が変わってしまうのは あまり知られていません。水素水の濃度を保つにはどんなボトルに入れたらいいのでしょうか?検証した結果を紹介していきます。
MENU

知らないと損する!水素水ボトルで水素濃度が変わる?

 

健康や美容に効果があり、癌の治療にも効果があると言われている水素水は、
ペットボトルやアルミの缶など、様々な容器で販売されています。

 

その容器によって水素濃度が変わってきてしまいます。

 

飲むときには高濃度の水素水が良いと言われているため、できるだけ高濃度のまま
飲むことができる容器を選びたいものです。

 

どんなものを選べばいいのでしょうか。

 

水素水の中の水素は、容器を開けてしまうと徐々に水素が抜けてしまうと言われており、
一度開封したら飲み切ってしまう方が良いと言われています。

 

そのため、ペットボトルなどは持ち運んでこまめに飲む場合には便利ですが、
一度に飲み切ることは難しいものです。

 

また、空気に触れても水素が抜けて行ってしまうため、空気に触れないように
密封できる容器が水素水の保存に適しています。

 

一番便利なものは、アルミパウチに入っているものでしょう。

 

容量もそう多くないため一度に飲み切ることができますし、もし飲み切ることができなくても
キャップを閉めて持ち運びができます。

 

その際に、パウチの中に入った空気も押し出せるため、一度に飲み切れなくても
水素が抜けてしまう可能性も低く、高濃度の水素水を飲みたい人には適した容器になるでしょう。

 

数年前までは、水素水はアルミパウチがいいとされていましたが
最近注目されているのが耐圧式のペットボトルで水素を発生させながら
水素濃度を保つタイプの商品です。

 

「水素水7.0PPM」医療現場で支持されるプロ仕様の高水素濃度「aquela」です。

 

このタイプの商品は、お茶やジュースでも水素を入れられるため便利で
人気が急上昇しています。

 

このページの先頭へ